読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アライテント・ライペン・スーパーライトツェルトが送料無料でなくてもお買い得な価格♪

レインウェアのような生地で、かなり蒸れます。長い細引きや四隅を固定する短い細引きも必要。その意味ではお守り代わりかもしれません。

イマが買い時!

2017年02月21日 ランキング上位商品↑

アライテント・ライペン・スーパーライトツェルト◇アライテント・ライペン・スーパーライトツェルト1

詳しくはこちら b y 楽 天

道路の渋滞!体調イマイチ!コースコンディション不良!登山道の混雑!ケガ人の介抱!原因はそれぞれでも!ちょっとキツめのスケジュールになってしまうことは往々にしてあります。余りの小ささにおどろきました。ビバークしたいと思ったがツェルトがなかった。信頼あるメーカーなので商品には全く問題なし。ツェルトも常備していたのですが!極薄のパラシュートクロスだったので!ひっかけ傷や飛び火から!穴だらけになっていたので!今回少し重いけどこれに変えました。思ったとおりの商品です。平日のマイナールート!すれ違った登山者はゼロ。袋に収めるのは難儀します。という経験から購入。普段使いで頻度が高くても、結構な強度があるようなので、活躍する場面は多くなると思います。これを1人用のテントの代用になるかとも思いましたが、一度取り出したらたたむのに苦労するなぁ、何度も使うと耐久性は?そもそも日常用に使用するとして暴風雨に対応できるのか・・・やはり非常時用かな?テントはテントできちんと買うべきでしょうね。私は廊下に敷いて折りたたみ、最後は丸めて詰め込みました。ハイキングに携行して安心感を得ています。備えとして決して無駄な道具ではないと思います。テント型に設営するにはコツがいります。。今のところ出番なしですが!いざという時の活躍を期待してます。ソロツーリングやソロでの山歩きをしていますが、これまで使用していた(これからも使用しますが)1人用テントが1.5キログラム程度の重量で、軽量ではありますが、それなりにかさばっていました。しかし、非常時には命綱になるものですね。頻繁に使うものではないですが、山へ行く人は必ず持っていくべきです。適当には入れれないです。道に迷って1時間ロスし、避難小屋泊のつもりで登りはじめたはいいが、いつもはコースタイム短縮できるのにペースも上がらず、夕暮れが迫り疲労も困憊。保温、防風にはバッチリ。寒い時期のツーリングや山歩きには!テントと併用することになると思います(テントの中で!シュラフカバーの上からかぶるなど)。これならテント抜きのリュックをバイクに載せることができるので!たいへんコンパクトになり!助かります。下は紐で結ぶのですが、割と簡単に地面がこんにちはします。